あぶない 太陽光発電工事

あぶない!! 太陽光 

 

現場写真

こんな危ない業者がいるなんて、危険だしお客さんの建物どう考えているんだ?

数売りたいだけ? 売上の為? 補助金欲しさ?

実名、場所等は控えますが、話の内容はそのままで、写真は実際の現場で撮った写真で色彩を替え拡大をしています。

 

 

先日、太陽光発電システムの設置工事の依頼を受け、

 

事前に設置図面・案内図・足場の有無を確認し設置当日を迎えました。

 

その日、私は事務所で仕事をしており 

 

朝、早々から現場の職人さんより電話が掛かってきました。

 

 

現場:「この現場本当に、太陽光をつけるのですか?」・・・??

 

私:どうしてと聴く

 

現場:「屋根に穴が空いていて雨漏りますよ」

 

しかも「屋根の状況を横から見ると波を打っていますが・・・」

 

私:「エェ~ッ本当に」とりあえず元請けに連絡するから待ってて

 

それと現場の写真をメールで送ってちょうだいとお願いしました。

 

 

私:即行電話を元請けに現場の状況を説明すると

 

元請け:事前調査をしたのでそのまま施工をしてください。との何とも軽い回答がもどってきました。

 

私:雨漏りやトラブル後々出ますよと伝えると

 

元請け:その後雨漏りやトラブルが出た場合弊社で見るから作業を進めてほしいとキッパリ。

 

私:その時点で、そうとも言っているしそれであればを現場進めさせようと

 

その場で判断をし、現場にその事を伝え作業を進めるよう指示をした。

 

ただ、現場からの写真は今だ確認が出来て無く、三度、現場に催促し1時間ほど経ってやっと

 

現場の写真をチェックする事ができた。(現場の対応が遅いのでは無く、メール送信に時間が掛っていたそうです)

 

その写真を見ると確かに

 

コーキングで補修した20センチ程の穴の写真と、

 

屋根材が波打っている写真。

 

 

私:代表へその事について相談し、現場に直ぐ連絡をとり作業を中止させました。   

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tatsumi-rp.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/173

コメント投稿