蓄電で、自分の身は守らないといけない時代に来たようです。国民負担が、2万400円!

原発を、再稼働させないためにも、自分の身は自分で守る、つまり、蓄電池を利用して自分の身を守りましょう。

蓄電池を取り付ければ、深夜電力を利用できるそうです。

また、最大のリスクは火力発電所の運転トラブルだ。関電管内では原発が再稼働しない場合、供給力の約4分の3を火力が占める。原発停止に伴い

火力発電所は定期点検を先送りして無理なフル稼働を続けており、トラブルのリスクが高まっている。

 原発停止のしわ寄せが電気料金上げに及ぶ可能性もある。14日の原案では、原発を火力に切り替えることで燃料費が増加して2012年度で

国民1人当たり約2万4000円の負担増になると試算。そのうえで「電気料金の上昇が避けられない」と結論付けた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tatsumi-rp.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/161

コメント投稿