太陽光工事会社のネットワーク アールコア≪東京 町田≫

 

商社、住宅会社と連携した営業活動を推進

 

太陽光発電の全国工事ネットワークのとりまとめを行っているのがアールコアだ。

 

同社は屋根工事会社などが名を連ねるNPO法人ルーフ21から、

 

太陽光発電に積極的に取り組みたい有志が集まって設立された。

 

 

ネットワークには現在約23社が参加している。各社は太陽光発電の研修などに

 

意欲的に取り組み、屋根と太陽光の両方の知識と経験を持つ高品質な太陽光の

 

設計・施工を目指している。

 

 

アールコアの社長を務めるのは年間500~600件の屋根工事を手掛ける

 

タツミ屋根企画(東京都町田市)でも社長を務める若林龍夫氏。

 

同氏は会社設立の背景をこう話す。

 

「世間では太陽光を載せたら雨漏りしてしまったというクレームが増えているようですが、

 

それは屋根に関する知識が十分にないまま取り付けてしまっているためです。

 

太陽光発電は屋根を熟知している

 

 

専門会社がやるべきだと考えて活動がスタートしました」。

 

 

現在の主な活動は商社との連携。商社の取引先の有力ビルダーや

 

ハウスメーカーからの太陽光設置工事を請け負うモデルの構築を進めている。

 

住宅会社としても全国的に高品質の太陽光発電工事ができるネットワークと

 

協力すればクレーム予防が期待できるため、

 

コラボレーションできる企業は増えてくるだろうと見込んでいる。

 

また、グループ力を生かして、保証制度も充実。仮に工事中に

 

施工会社が倒産するなどした場合に、グループの他の会社が

 

工事の完工までフォローするというものがある。

 

 

 

目標については「一社が月に10棟くらい施工出来るような体制にしていきたい」と話す。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tatsumi-rp.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/142

コメント投稿